進学先で大きな違い|あすなろが評判良い理由を知ろう|確実に学力向上を望める
女子学生

あすなろが評判良い理由を知ろう|確実に学力向上を望める

進学先で大きな違い

大学生

様々な経費が発生します

大学進学には様々な費用が掛かりますが、進学先によって大きな差が出ます。まず初めに、国公立大学か私立大学かで、次に自宅から通えるのか一人暮らしをするのか、また文系学部か理系学部かなどが、大学進学後の費用の差が出るポイントになります。最も金額が低くなるのは、自宅から通える国公立大学の文系学部に入学することで、最も高くなるのが、自宅外からの通学で、私立大学の医学部系統に進学することになります。大学費用は主に入学金と授業料ですが、それ以外にも大学費用は発生します。積み重なると意外と高額になるのが教科書代や施設費です。また、一人暮らしをする場合にはその初期費用や、月々の生活費が掛かります。自宅から通える場合にも、交通費が発生します。

様々な制度があります

大学費用には、入学金や授業料以外にも多額の費用が必要です。これらの大学費用を、もちろん事前に準備できていれば問題ありませんが、なかなか全額を事前に準備するのは大変です。そこで、利用できる制度が奨学金制度や特待生制度です。奨学金は、大学独自の制度や日本学生支援機構などから大学費用として借り入れる制度です。もちろん、無利子や有利子などの違いはありますが、奨学金は返済義務がありますので、しっかりと制度を理解した上で申し込みを行いましょう。また、特待生制度を導入している大学も多くあります。特待生制度では、大学ごとに成績に応じて全額や50%・25%免除などが決まっており、成績を利用して優遇を受けることも出来ます。様々な費用が掛かる大学費用ですから、利用できる制度を一度調べてみることをお勧めします。